大学職員(管理監督者)向け
目標管理研修企画




本研修は、目標管理の基本的な考え方を習得し、目標管理を人事評価のツール―としてのみではなく、組織のマネジメントツールとして活用する具体的手法を習得できる内容となっています。また、目標設定や見直しのポイントを理解するための演習やグループ討議を設け、考動を通して学べる参画型プログラムとなっています。


T.目標管理研修のねらい


  • Point1
    目標管理が、マネジメント活動であるという基本的な考え方を理解する。
  • Point2
    組織目標・課題を確認後、自部門を取り巻く環境を分析した上で、管理監督者としての考えを盛り込み、メンバーの目標とベクトルを合わせる目標設定手順とその思考プロセスを習得する。
  • Point3
    具体的な目標設定方法、見直し基準や達成度評価基準について理解する。
  • Point4
    研修を通し、組織目標・課題の確認と現在および次期の自身の役割を確認することができる。

  • U.カリキュラム(例)


    時 間 内容
    9:00

    9:10
    【研修項目】
    オリエンテーション

    【主な研修内容】
    本日の研修の目的と進め方を確認する。
     
    9:10

    9:40
    【研修項目】
    目標管理とは
    1なぜ、今、目標管理なのか
    2目標管理の歴史と理論
    3目標管理の意義と目的

    【主な研修内容】
    目標管理の意義と目的を理論的に理解する。その上で、目標管理がマネジメントシステムであるということを理解する。
     
    9:40

    10:40
    【研修項目】
    目標設定のプロセスの理
    1目標とは〜目標とその要件〜
    2目標達成に必要な条件
    3目標管理の基本手順

    【主な研修内容】
    目標の本質を理解した上で、その達成のためには何が必要かについて理解する。
     
    10:50

    12:00
    【研修項目】
    <実践>経営目標・方針の確認
    1今年度の組織の目標・課題の確認
    2役割デザイン・マトリクスの作成(個人作業・グループ討議・発表)

    【主な研修内容】
    様々な情報を整理(環境分析)し、その上で、リーダーとしての考えを盛り込み、課題及び目標形成する手法を学習する。また、この過程で、組織目標と部門の役割を確認する。
     
    13:00

    15:30
    【研修項目】
    <実践>目標の設定(見直し)
    1役割の重要ポイントを明確化する(個人演習・発表・相互アドバイス)
    2相乗効果向上策の検討(グループ演習・全体発表)
    3目標管理シートの作成(個人演習)
    4目標管理シートの具体化とVer Up(相互アドバイス)

    【主な研修内容】
    目標の記入方法、各部門からの参加者が記入した目標の見直しポイントについて相互学習を通して、理解を深める。
     
    15:30

    16:10
    【研修項目】
    目標面接・中間面接・フィードバック面接の進め方
    1目標面接のステップ
    2進捗管理の仕方
    3フィードバック面接のステップ
    4 面接上の留意点

    【主な研修内容】
    信頼関係を築くための話し合いのポイントを学習し、実際に面談ロールプレーを体験することで、自分の改善点を把握する。
     
    16:10

    16:45
    【研修項目】
    目標管理運用上の難しさとこれからの管理監督者の役割

    【主な研修内容】
    職場マネジメントの本質とリーダーの役割を認識する。管理監督者または評価者として、実践しなければならないポイントを理解する。
     
    16:45

    17:00
    【研修項目】
    研修のまとめ

    【主な研修内容】
    今回の研修の振り返りとまとめ。質疑応答。
     
    ※休憩は、講師の判断で適宜、時間を取ります。

    料金


    基本料金(30名以内)
    ※ 料金等、詳細につきましては下記までお問い合わせ下さい。


    お問い合わせ


    株式会社 メディン
    〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目6−19
    エレガントビル南館6F
    TEL06-6949-8513
    FAX06-6949-8514

    お問い合わせの際はホームページを見たとお伝え下さい。